真贋

本物か否か見極めるための極意

レンタルの延滞には注意

      2017/10/30

身近なサービスなのでご存知でしょうが、レンタルは期間が設定をされているので、その期間が満了したら返却することとなります。高い機械のレンタルであれば、継続することも可能ですが、一般の方が使用するレンタルサービスの場合、大部分は期間前に返却することとなり、期間が終わっても返さないようなら遅延と判断されます。この場合は当然至極のように延滞金の支払いが出てくることになり、ものすごい費用を負担することもあります。なるべく返済は期間中に行ってください。

期間中に返却できなかった時は、連絡を受けることも多くなります。

早々に返済を行ってくださいという連絡が何度もあるため、返却しないと後に揉め事の原因になります。また延滞金はどんどん累積されていくことになり、いつの間にか高額請求をされてしまう可能性があります。高額になっているとしても、後から文句を言うことはできませんから、早めに返済して延滞金を止めなければなりません。

レンタルは使えるサービスですが、期間までに返却しないと大変なことになります。

延長するサービスも行われていますが、それでも延長できるのは一部までとなっており、それ以上の利用はできなくなります。恒常的に借りている状態は駄目なことであり、返して次の人が利用出来るようにしなくてはいけません。レンタルサービスはこうした部分を厳しく見ており、少しでも問題を起こしていることが分かれば、当然のよう返却のための措置を取ることとなります。それでも無理なら、最終手段として強制回収もあり得ます。

レンタルは期間が設定されていることと、期間を過ぎてしまうとそれだけで問題になる場合があることを理解してください。

良いサービスの中には厳格な部分も用意されており、その厳しい部分に背かないように、利用していくことが必要となります。仮に遅延した場合は速やかに返すか、連絡を入れて何時ごろまでに返却するのかということを知らせておくと良いでしょう。何も連絡しないままだと後から面倒な思いをします。

 - Uncategorized