真贋

本物か否か見極めるための極意

レンタルの上手な活用法

      2017/10/30

家計のやりくりに悩む日々の暮らしの中で、レンタルを積極的に使うことは魅力的です。まず、必要な時だけ使う事ができます。例えば、飽き易いタイプの場合は、購入した値段に関わらず飽きてしまうと利用しなくなる時があります。それが数十万するような物だった場合は、買い取りに出したとしても、よほど需要が多い状況でない限り、購入時の値段を下回る買い取り金額になります。その点を考慮すると、欲しい物全てを購入してしまうのは、必ずしも正しい選択とは言えません。

そんな時に使うと便利なのがレンタルです。

レンタルする場合は期限に注意する必要はありますが、購入する事に比べて金銭的な負担は少なくなります。ですから、そこまで欲しいわけではない物の場合には、レンタルの利用についても吟味し、最善の判断をすることが必要です。

ただし、自分の欲しい物、利用したいサービスの全てがレンタルできるわけでないのも事実です。

現在、レンタルの選択肢は増えていますが、だからといってレンタルの存在には限りがあり、希望がかなわないこともあるため、その辺は深く調べることが必要になります。調べた結果、ない場合は自分で買って、すぐに必要としないならば、希望する商品が登場するまで待つのが良いと思います。

レンタルを活用する上での方法としては、購入する金額が大きい物を選んでいくというのがあります。例えば、移動手段として一般的な車は、中古なら数十万、新車の場合は数百万といった大金を支払うことになります。

また、冷蔵庫や洗濯機、テレビ、テーブルなどの家電や家具は、数千円から数十万円の費用がかかります。これらを全て購入することになれば、大きな支出になります。そこでレンタルを活用します。車は利用したい時にだけレンタルすれば、購入する場合のように大きな出費はありませんし、家電や家具などにおいても、いつか故障して買い替えることを考えると、始めからレンタルという選択をしておけば、出費が少なく良い物を利用できます。

 - Uncategorized